>  > 唇を離しそのままお客さんのうなじに唇を移動させ唇を這わせていきました。

唇を離しそのままお客さんのうなじに唇を移動させ唇を這わせていきました。

思いがけず、高収入風俗求人情報サイトから応募したデリヘル店での採用が決まり数時間後にはせっかくとなりました。優しいお客さんとするキッスに、感情は……いや、「込めない」と言った方が正しい。でも、だからといって機械的なキッスになってはいけないのが難しいんです。あくまでも表面上は「情熱的なキッス」であるかのように見せないといけないのはすごくよくわかるんです。どう違うの?っと聞かれても、言葉で説明するのはすごく難しいでづけどね。けれど感覚で、私はなんとなくその違いを感じ取っていて、それを実行する事が出来たように思いました。(……そういえば、有名な映画で、主人公がお金で買った娼婦、『仕事の時は、キッスは絶対しない。感情を入れないようにするために・・』なんていうシーンがあったなあ……)なんてうすらぼんやり思い出しながら、(“風俗嬢アキナちゃん”は「キッスが必須」の仕事だからなんだけど、感情を込めないように気をつけよう)そんな事を決心しましたよ。唇を離しそのままお客さんのうなじに唇を移動させ唇を這わせていきました。

[ 2015-04-30 ]

カテゴリ: デリヘル求人体験談